オンライン

書評

究極の愛について語るときに僕たちの語ること

愛のカタチは人それぞれと言われているが、自分自身の考えが外れてしまうと、「それは愛じゃない」とか「非常識だ」と言って耳をふさいでしまう。しかし愛する人たちが表現するのであれば、どんなカタチであれ「愛」になる。それにとやかく言われる筋合いはない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました