カフェ

書評

認知症フレンドリー社会

認知症はかつて「ぼけ」や「痴呆」といった言葉が使われたのだが、それが差別用語にもなり、現在ではその名に落ち着いている。WHOの2012年統計では全世界で3560万人いるほどで、日本では2018年現在では500万人を超えているという。
書評

猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス

猫に限らず動物を保護することもまた人間が動植物を共生するために必要なことである。その必要である保護の中で「猫」のこともまた一つであるのだが、野良になることが多くなることは「猫の精神生活がわかる本」でも同様のことを記した。
書評

テ・鉄輪(かなわ)

本書のタイトルである「テ・鉄輪(かなわ)」は、物語の舞台であるカフェ「サロン・ド・テ・鉄輪」を略したものである。しかもそのカフェは「縁切りカフェ」と言うから奇妙としか言いようがない。カフェも奇妙であれば、カフェに来る人々も奇妙である。
書評

コーヒーもう一杯

人は誰しも「コーヒーを一杯飲みたい」と思えるように、ホッとしたいときがある。コーヒーが苦手な方であれば「紅茶で一杯」、それもダメなら「ホットミルクで一杯」と用途は様々である。本書は結婚を前提に付き合っていた男性に振られてしまい、会社では失業の危機に陥ってしまうような大失敗を起こした女性がカフェを開くまでの物語である。
書評

Sign with Me~店内は手話が公用語

商品が多様化するように店もまた多様化する。様々な環境に置かれ、様々なハンディを持つことももはや珍しくない。耳が聞こえず、手話でしか話すことのできない、いわゆる「ろう者」もまたその一部である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました