2017年12月16日一覧

人質の朗読会

「生と死」この言葉は必ずと言ってもいいほど出てくる。そういったことについて教育の場でも語られたり、議論したりすることがあり、いわゆる「デス・エデュケーション」として扱われることがある。

スポンサーリンク