F1

書評

スポーツのマネジメント~ユベントス・フェラーリ その交渉と契約

スポーツの国際化が止まらない中で、海外で活躍をするための「マネジメント」を行う人もいる。いわゆる「マネジャー業」を行う人のことを指すのだが、スポーツ選手はスポーツをする以外にも、「契約」などの雑務も数多くこなさなければいけないため、一人で行おうにも、とてもではなないがスポーツまで手が回らないような状況に陥ってしまう。
書評

グローバル化と日本のスポーツ

スポーツにおける「グローバル化」は止まらないことは周知の事実であるが、果たして「グローバル化」によってスポーツはどのような影響をもたらすのだろうかを、本書にて分析をしつつ日本におけるスポーツの方向性を示している。
お知らせ

今後のF1記事の更新について

平素から「蔵前トラックⅢ」をご覧いただき、誠にありがとうございます。 当ブログでは日頃から書評やその他諸々を取り上げて行きました。その「諸々」の中にはF1予想や結果の記事を毎回更新しておりました。それだけF1は好きでした。
スポンサーリンク
F1もろもろ

2013年 F1バーレーンGP オーバーテイクの応酬の中ヴェッテルが今季2勝目獲得!!

今回のレースはコース上のオーバーテイクあり、ピットストップ間でのオーバーテイクありと、順位がめまぐるしく変わるレースでした。
F1もろもろ

2013年 F1バーレーンGP ロズベルグが今季初PP獲得!! そして優勝予想

「最後の最後が勝負」と予想していたのですが、最初のタイムでロズベルグが最速タイムをたたき出し、それ以降はどのドライバーもタイムを更新できなかった、という予選でした。
F1もろもろ

2013年 F1バーレーンGP フリー走行1・2回目結果、そしてPP予想

ヨーロッパ・ラウンド突入前、最後のGPの地であるバーレーンにやって参りました。 重たい話ですが、一昨年のバーレーンGPは「アラブの春」の飛び火により開催中止に追い込まれたことが記憶に新しいです。昨年は開催されていたのですが、その開催にまつわる抗議デモもあり、一時は中止か、という報道もありました。
F1もろもろ

2013年 F1中国GP タイヤ戦略の差が光った! アロンソが今季初優勝で歴代4位タイの勝利数に!!

今回のレースは序盤とタイヤ戦略がものを言ったレースでしたが、そこでは予選3番手だったアロンソが、見事優勝をつかみ取りました。これでアロンソは通算31勝。ナイジェル・マンセルの持つ歴代4位の記録に並びました。この初優勝によりフェラーリは1994年から20年連続で1勝以上挙げたことになります。
F1もろもろ

2013年 F1中国GP ハミルトンがPP獲得!! そして優勝予想

今回の予選は10数周走る、と言うよりもどのセッションも数周程度に止まっていました。その原因はタイヤ。数周するうちにタイヤは摩耗するのですが、その摩耗がひどく走ることさえままならないような状況となってしまうのです。
F1もろもろ

2013年 F1中国GP フリー走行1・2回目結果、そしてPP予想

マレーシアGPから3週間、F1サーカスは成長めざましい中国にやって参りました。この中国GPは2004年に初回された場所でした。その当時は終盤あたりに開催され、チャンピオン争いが最も注目されたレースの連続でした。
F1もろもろ

2013年 F1オーストラリアGP 複雑なコンディションの中、レッドブル勢が1-2フィニッシュするも…

結果的にはヴェッテルがポール・トゥ・ウィンを果たし、レッドブル勢が1-2フィニッシュという、レッドブル勢にとっては最高の結果でしたが…今回のレースでは「事件」というまでではありませんが、「確執」と言うものを表面化させたレースだったと言えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました