【連絡網あり】東北地方・太平洋沖大地震

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

※東北地方・太平洋沖大地震の影響により、当ブログも予定を変更しまして、お送り致します。

昨日の14時46分頃から数度にわたって大きな地震がありました。その時間帯は仕事中でしたが、数分にもわたる揺れで、動けない状態でした。

オフィス内の花瓶やガラスが割れており、通路を歩くのにも危険な状態でした。揺れが収まった後に片付けをしようとしていた矢先、再び強い揺れが…。

仕事どころではありませんでした。電車もJRをはじめ私鉄では軒並み運転見合わせとなりました。

夜になって少しずつ運転が再開された路線が出てきはじめ、私鉄で私は家路につくことができました。

自宅も最悪ガラスの破片が散乱するような惨状を予想していたのですが、幸いにも本が数冊崩れ落ちていた程度で済みました。

ただ、昨日は軒並み運転見合わせが多かったためオフィスなどで家路につくことができず、一夜を過ごした方も多かったと言います。

余震が続いており、現在は自宅いる状況です。また停電実施もあるようです。
まだまだ予断の許さない状況が続いています。

—————————————————-

今回の地震で東北地方を中心に甚大な被害に遭っております。交通情報をはじめ安否にまつわる様々な情報につきまして記載致します。

【交通情報】
<道路情報>
ケータイ:http://m.jarctic.or.jp
PC:http://www.jartic.or.jp/

<鉄道運行情報>
ケータイ:http://www.jikokuhyou.co.jp
PC:http://mainichi.jp/traffic/etc/a.html

<飛行機運行状況>
ケータイ:
JAL: http://www.jal.co.jp
ANA: http://www.ana.co.jp/m/dms_ply.html
PC:
JAL国内線: http://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html
ANA国内線: http://fli.ana.co.jp/fs/domjpmenu:
<フェリー運行状況>
http://transit.goo.ne.jp/unkou/ferry.html
※ケータイ向けサービスがダウンしているところがあります。
※PC向けサイトのURLも参照してみてください。
伝言サービス】
※安否確認に使用してください。
災害用伝言ダイヤル「171」
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。

3月11日の東北地方太平洋沖地震で、NTT東日本は午後4時45分現在で東京、茨城、栃木、福島、山形、岩手、宮城方面、新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東)の計17都道県全域の公衆電話を無料開放した。

危険・警告NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス

 iMenuトップの災害用伝言板リンクからアクセス。

 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。

▼KDDIの災害用伝言板サービス

 EZwebトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/。

▼NTT東日本

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/。

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/。

▼イー・モバイルの災害用伝言板

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/。

【電話にまつわる注意!】
【人命にかかわります!!】
・電話の使用は極力避けてください!
・非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
・安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッター・フェイスブックなどのネットの利用でお願いします

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク