2009年03月17日一覧

21世紀の国富論

アダム・スミスの「国富論」を21世紀版にして書いたのが本書である。「国富論」のことについてちょっと簡単に説明しておく。「国富論」は略称であり、正式には「諸国民の富の性質と原因の研究」という。これはアダム・スミスが1776年に出版された著作である。

本質を見抜く「考え方」

本書のまえがきで、「私たち学者は、常にこの(他人のゆがんだ視点などの支配)危険に身をさらしていると言えます。」つまり他人の考えを鵜呑みにしてしまい、自分の思考が停止され、本来学者であるべきの考え方が破壊されてしまう恐れがあるのではないかというのである。

スポンサーリンク