2011年 F1ヨーロッパGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想

北米ラウンドも終わり、いよいよ本格的なヨーロッパラウンドの戦いとなります。約3ヵ月もの長きにわたる戦いの中でチャンピオンが決まるか、あるいは大混戦の様相になるのか、長い長い戦いが楽しみになってきます。

本格的なヨーロッパラウンド第1戦、そのフリー走行1・2回目の結果を見てみましょう。(「F1通信」より)

1回目

Round8_free1

2回目

Round8_free2

1回目はウェーバー、2回目はアロンソがトップタイムをマークしました。ヴェッテルやハミルトンなども好位置をマークしていますが、曇りのコンディションであり、かつ路面も滑りやすい状況にあるので予選までの重要なデータになるのかというとちょっと難しいと思います。

では、PP予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:アロンソ

要注意:ウェーバー、ハミルトン

おなじみと言えばおなじみの顔ぶれとなってしまいましたが、速さではヴェッテルが鉄板でしょう。今季2度目のホームGPとなるアロンソがどこまで執念を見せるかも注目です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク