2012-09

書評

日本の自殺

日本では毎年3万人以上が自殺をしている。その多くは老後を迎えようとしている世代であるが、最近では今の社会に絶望し、自殺を遂げる若者も増えている事実がある。 その「自殺」には今も昔も社会・文化に宛てられた「メッセージ」を表している。 本書...
書評

サツマイモと日本人

「秋深し馬肥ゆる秋」 食欲の秋と言われており、街路樹は紅葉に彩られ、そして落ち葉となって落ちてゆく。その落ち葉を使ってたき火して、そのたき火でサツマイモを焼いて「焼き芋」にして食す、という季節である。 しかしその光景もほとんどみられなく...
書評

山手線誕生―半世紀かけて環状線をつなげた東京の鉄道史

「上野の後に池袋 走る電車は内回り 私は近頃外回り…」 「綴方狂室の痴楽」で知られる四代目柳亭痴楽のトレードマークと言われる「恋の山手線」である。後に小林旭が同名のタイトルで大ヒットしたという。 その山手線であるが、品川~田町間...
スポンサーリンク
書評

災害弱者と情報弱者~3・11後、何が見過ごされたのか

2011年3月11日午後2時46分、会社ではそろそろウィークエンドを迎えようとした頃、東北三陸沖を震源とした巨大地震に見舞われた。この地震により津波、さらには原発事故も併発し、多くの家屋が壊れ、人々の命が失われた。 その震災の中で活躍した...
書評

「肩の荷」をおろして生きる

「生きづらい」世の中である。世界有数の「豊かさ」のある日本だが、私の周りにも「幸せ」そうに生きている人がほとんどいない。むしろうなだれながら通勤する人をよく見かける。その光景を見ると、自分自身がポジティブに思っていたのが馬鹿らしくなってしま...
書評

英連邦 ~ 王冠への忠誠と自由な連合

「英連邦」と一括りにいっても「イギリス(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)」のことだけを言っているのではない。イギリスの君主が国家元首としている国々を総称して「英連邦」と言われている。その「英連邦」と呼ばれる国は、 ・カナダ ...
F1もろもろ

2012年 F1シンガポールGP 波乱続きで2時間ルール適用! その中でヴェッテルが今季2勝目を獲得!!

結果は以下の通り。(「F1通信」より) スタートダッシュではあまり大きな波乱は見られなかったのですが、ハミルトンが23周目にギアボックストラブルでリタイアをしてしまい、スタートで2番手に上がっていたヴェッテルがトップとなりました。 さら...
F1もろもろ

2012年 F1シンガポールGP ハミルトンが2戦連続PP獲得!! そして優勝予想

結果は以下の通り。(「F1通信」より) フリー走行の3回はいずれもヴェッテルがトップタイムをマークしていましたが、3にちなんでのことなのか、予選ではフリー走行のような速さがでず3番手で終わってしまいました。 代わってPPに輝いたのがフリ...
F1もろもろ

2012年 F1シンガポールGP フリー走行1・2回目結果 そしてPP予想

2週間ぶりのF1開催となりましたが、前回でヨーロッパラウンドも終わり、いよいよ終盤戦に向けてのアジアラウンドが始まります。今回のシンガポールを皮切りに、日本・韓国・インド・ドバイ(アブダビ)と5連戦が行われるわけです。 しかもこの5連戦の中...
書評

アイスクリームの歴史物語

アイスクリームといえば「夏の風物詩」の一つとして取り上げられるが、残暑の厳しい今日この頃でも通用する。冷たさとクリーミーな味が、暑い夏を涼ませ、至高のひとときを得ることができる、身近なお菓子の一つと言える。 しかしそのアイスクリームはかつ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました