2013-06-26

書評

新版 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている―自動収入を永続化する9つの「思考」

「仕組み」本の第2弾として発売された同名のタイトルが「新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている」と同じように5年間の時を経て復活した。本書では「仕組み」シリーズの第2編であるが、8つの思考パターンに分けて仕組みと、それを構築したときの考え方、さらには「新版」と題しているため、旧版から5年後のことについても綴っている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました