習慣術

書評

大人を磨くホテル術

本書のタイトルを見てふと思うのだが、ホテルでどのように「人を磨く」のかと思ってしまう。ホテルで勉強をするのか、もしくはホテルで習慣を変えるのか、とも邪推してしまう。しかしながらホテルはよくある日常とかけ離れた、「非日常」の空間の中で人間力を磨くのだという。
書評

頭がいい人は脳を「運動」で鍛えている

私自身、筋トレやウォーキング、ストレッチなどは不定期ながら行っている。というのは何もせずにデスクワークばかりやってしまうと集中力が落ち、なおかつ仕事としても成果も落ちてしまうこと、さらには体を動かさないと、体がなまり、感覚としても気持ち悪くなってしまうためである。
書評

不機嫌は罪である

私自身、色々な場所へ出かけることがあるのだが、道中において「不機嫌」な人を見かけることもザラにある。もっと言うと不機嫌どこか周囲に怒鳴り散らすといった人も見かけたことも1回か2回ほど。私自身の環境が変わったのか、それとも日本そのものの環境が変わったのか不明だが、不機嫌な人を見かけることも少なくない。
スポンサーリンク
書評

年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」この言葉は心理学者であり哲学者であるウィリアムズ・ジェイムズの言葉であるのだが、習慣そのものを変えることは心を変えることとなり、習慣も変わり、人格や運命を変えていく。
書評

1万2000人を見てわかった! お金に困らない人、困る人

お金に困る人もいれば、逆に困らない人がいる。もっとも仕事によってそういった人が分かれ、なおかつ10年後には立場も大きく変わってくる。その変わっていく中でどのような人がお金に困らないのか、そしてそうなるためにはどのようなことを行えばよいのか、1万2千人の調査を元にして明らかにしている。
書評

いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい!

部屋が散らかると、整理するために片づけを行う必要がある。それは心や考え方にも同じ事が言え、考えを整理する、あるいは片づけるためにも必要な要素としてあると言える。その片づけの中で著者は臨床医の立場から「脳」の片づけを提示している。
書評

心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする

今の社会は「ストレスフル」と呼ばれるものである。そのストレスのみならず、人間関係の拗れによって心が疲れ、それが起因となり、精神的な疾患を患うことも往々にしてある。そのような疲れから開放されるためには「休み」が必要であるのだが、その方法や考え方が必要である。そのメソッドについて5つに分けて伝授しているのが本書である。
書評

世界のエリートはなぜ歩きながら本を読むのか?

本書のタイトルを実践しようにも、歩きスマホのように前を見なくなってしまうため、歩道を歩くと危険である。しかし言葉は言いようであり、それだけ時間の管理を大切にし、なおかつ学ぶ、あるいは運動をしながらも、様々なことを得ながら、ビジネスへと転化し、そしてビジネスパーソンとして成長を遂げることができるようになる。
書評

人生を変える断捨離

かねてから「断捨離」にまつわる本は数多く上梓され、整理などを行う際にも行われる方法の一つとして取り上げられているのだが、もっともそれがなかなかできない人も数多くいる。分かりやすい断捨離の方法は他の本でも取り上げているのだが、本書では「断捨離」を人生に対して変化をするための「断捨離」を取り上げている。
書評

「感謝! 」言うてたら、ホンマに儲かりまっせ!

感謝を与えられる人と与えられない人、その違いとはいったい何か、もちろん性格や商売に関する心構えの違いがあるのだが、もっともその違いにより稼げる、成功するにも違いが見られるようになる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました