マルセル・ニーデルハウゼン

シューマッハ、偽名で2輪活動続行

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080517-00000003-fliv-moto

7度の世界チャンピオンを獲得して引退したミハエル・シューマッハが、趣味としての2輪レースを続ける模様だ。

ドイツの『Bild(ビルト)』紙が、39歳のシューマッハが今週末にオシェルスレーベンで開かれるIDM(ドイツ・スーパーバイク選手権)のレースにエントリーしたと伝えた(一部抜粋)。

ミハエルは趣味として2輪を続けていくそうです。以前に引退する時にライバルであったミカ・ハッキネンがどんな形なのかはわからないが必ずモータースポーツの世界に帰ってくるというくだりがありましたが、どうやらあたったようですね。

とりわけF1にいた有名なドライバーは今では違った形でモータースポーツに参戦したり、あるいは(ゲルハルト・)ベルガーのように経営者として参戦したりしているようです。F1に限らずモータースポーツというのは引きつける何か強い魔力を持っているというのを改めて分かった記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク