「 書評 」一覧

新聞がなくなる日

新聞がなくなる日

新聞というのはいいものだ。毎日のニュースを事細かにとらえられているばかりではなく安価で多くの活字があるので「読む」という訓練にもなる画期的な...

副島隆彦の人生道場

副島隆彦の人生道場

副島氏と言えば政治や経済、そして金融に関する本を数多く上梓していることでも有名である。しかし私はこれと言って読まなかった。当然副島氏の本に触...

ニッポン・サバイバル

ニッポン・サバイバル

東大大学院で政治学教授である姜尚中氏が著者の理論と体験談をもとに寄せられた声にこたえていくという1冊である。著者なりの答え方であり、しかも自...

メディア進化社会

メディア進化社会

本書はメディアの変遷と進化を5章に分けて考察を行っている。 第1章はメディア論について。ここでは電子書籍の不振や大手マスコミのネット取材の...

メディアと政治

メディアと政治

本書は大学の教科書であり、政治がいかにしてメディアを利用しているのかというのをわかりやすくまとめた一冊である。2005年の衆議院総選挙以降、...

靖国問題の核心

靖国問題の核心

靖国問題と言えばよく首相の靖国参拝がメディアでは取り上げられている。 とりわけ左派議員や論客からは政教分離の憲法違反、中国や韓国の批判は激...

スポンサーリンク