2011年 F1マレーシアGP 魅せてくれた終盤のドラマ! その中でヴェッテルが開幕2連勝を獲得!!


結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round2_final

※ アロンソとハミルトンはオーバーテイク時の接触によるペナルティーにより、それぞれ20秒加算のペナルティーが課されました。アロンソは順位は維持しましたが、ハミルトンはこのペナルティーにより順位を8位に、可夢偉が7位に繰り上がりとなりました。

大クラッシュやセーフティーカーこそはないものの、タイヤ選択や雨、オーバーテイクなど様々なドラマがあるレースでした。

ヴェッテルは終始危なげないレースを展開しました。予選ではピンポイントの速さを見せつけると同時に、手堅さを今回の決勝では見せつけたと言えます。

バトンはピットストップによりめまぐるしい順位変動はあったものの、スクランブルなレースに強いポテンシャルは健在で2位フィニッシュでした。

ハイドフェルドのスタートダッシュは見事と言うほかありません。予選6位からのスタートダッシュをアウトコースから一気に2位にジャンプアップと見せつけてくれました。最後はウェーバーとのバトルも見事に抑えルノーとしては2戦連続の表彰台獲得となりました。

また、今回は可夢偉もやってくれました。ウェーバーやミハエルとの幾度となくバトルを繰り返し、抜かれては抜き返すというオーバーテイク合戦でしたね。国際映像でも可夢偉のバトルは結構映っている所を見ると、世界中が注目されるのも窺えます。

次戦は1週間後、中国・上海!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 2011F1 馬来西亜決戦 “曇天可変翼電気駆動混沌編”

    2011F1 馬来西亜決戦 “曇天可変翼電気駆動混沌編” 2011.04.10

  2. Kyan's BLOG IV より:

    F1GP2011 マレーシア

    第2戦マレーシアGP決勝結果【F1 2011 速報】 – webCG 勝ったのはレッドブルのベッテル,2位にマクラーレンのバトン,3位にロータス・ルノーのハイドフェルド。 2位と3位が前回のオーストラ…

  3. F1 2011 第2戦 マレーシアGP 決勝

    予選ではベッテルが逆転で連続ポールをGETした第2戦、マレーシアGP。決勝は今にも雨が降りそうな曇天で、気温28度、路面温度31度とセパンにしては暑すぎない状況でした。DRSはバックス …

  4. マレーシアGPベッテル制覇&可夢偉7位

    第2戦マレーシアGPベッテル制覇で2連勝したが
    ベッテル制覇&2位バトン&3位ハイドフェルドで
    4位ウェーバー&5位マッサ&6位アロンソだけど
    7位カムイ&8位ハミルトン …

  5. バブ&トリコ&マレーシアGP

    バブは夜泣き回だったけども
    神崎&姫川の夢が面白過ぎだけど
    東条の初登場あんな形なの驚きで
    次は久しぶりの2本立て回の様だ
    トリコは初回コラボだったけど
    版トリコとコラボ放…

  6. E's Monologue. より:

    ベッテルが余裕の2連勝(第2戦マレーシア)

    高温多湿で体力勝負のマレーシアGP、これを制したのは予選ポールポジションを獲得したレッドブルのS.ベッテルでした。開幕戦のオーストラリアの勝利に続く見事な2連勝でした。レース直前、黒雲があたりにたちこめてセパン特有のスコールも危惧されましたが、無事にスタート。ベッテルはピットストップ時を除いて、終始トップを快走してチェッカーを受けました。2位にはマクラーレンのJ.バトン、3位にはルノーのN.ハイドフェルドが入りました。ザウバーの小林可夢偉は粘りの走りで8位入賞となりました。
    いちF1ファンとしては…

  7. 2011 F1 マレーシアGP 決勝

    2011年のF1第2戦は、マレーシアGP。
    灼熱とスコールのセパン・インターナショナル・サーキット。
    ポールポジションはベッテル。
    2番手ハミルトン、3番手ウェーバー、4番 …

  8. タイヤで明暗 バトン2位! F1マレーシアGP

    使う前に必ず読んで下さい「ピレリのハードタイヤはそれほどもちません。」
    F1第2戦のマレーシアGP。我がマクラーレンは、予選2位にハミルトンが入るなど、ストップ・ザ・レ …

  9. haru より:

    おはようございます。トラックバックありがとうごさいました。
    後半はバトルの連続で最後まで飽きないレースでしたね。今後もピレリタイヤがレースの鍵を握りそうです。また来ます。

  10. 蔵前 より:

    >haruさん。
    こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
    テストの時にはピレリタイヤを批判するドライバーが多かったのですが、批判されるからでこそ、使い方など、レースを決める要素の一つになったのかもしれませんね。
    ドライでもウェットでも「タイヤ戦略」が加わることによって、速さだけではない面白さがあるというレースでした。

  11. 2011年 F1第2戦 マレーシアGP決勝。

    F1GP #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; F1マレーシアGPの決勝レースが10日(日)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

  12. chibiaya日記 より:

    F1 2011 マレーシアGP

    今週も見なかった (>_<) 理由として、1 つめはバリチェロが弱い。 2 つめ

  13. ’11 F1マレーシアGP

    ベッテル、開幕2連勝!
    マクラーレンの頑張りによって多少なりとも差が縮まったものの、何だかんだ言っても結局殆ど危なげなく2戦連続ポール・トゥ・ウィンの完全勝利でした。
    うん、早くもどーにもならんですよ。
    てわけで、我がフェラーリ。
    マッサが5位でアロンソ……