モチベーションアップAtoZ

カシオペア出版様より献本御礼。
モチベーションには波があるが、そのモチベーションをうまくコントロールし、アップさせることができれば、これほど鬼に金棒なことはない。人間生きていく上で様々な苦しみに出会うのだが、それを乗り越えるためにはそのモチベーションが肝心となる。もちろん著者もどん底の時代さまよったことがある。そこから這い上がってきた大きな要因として、一つのチャンスと、それをつかみ取ろうとしたモチベーションにあった。

しかし世の中にはその「モチベーションアップ」に関する本がたくさんあり、実際にどのようにアップしたら良いのか分からない方もいる。中には実践しようにも難しいような本もある。本書はそんな方々に対してどのようにモチベーションアップをしたら良いのか、その方法を26個取り上げている。ちなみにこの「26個」は本書のタイトルにある「AtoZ」にあるように、アルファベットの個数と同じである。章立ても、全部で26個あるため、当ブログではその中から5つ選りすぐり、取り上げることとする。

Affirmation「アファメーションで動き出す」
「アファメーション」は本章の冒頭にもあるとおり「肯定」を意味している。これは自分自身を許したり、認めたりすることによって、自分自身のモチベーションを上げる効果がある。その「アファメーション」をするためには、自分自身に対してある「言葉」を投げかける必要があるのだが、その言葉も本章にて取り上げている。

Enjoy「楽しむことを、楽しめ」
私自身、ブログを続けたり、書評家としての仕事を続けたりすることのできる大きな要因として「楽しむ」ことにある。もっとも楽しんでいなければ今の仕事すら続いていない。そのことから自分自身も本章のことは共感している。そもそも自分自身の性格上「~しなければならない」と考えていたこともあったが、「楽しむ」ことを意識するようになってから気が楽になったことがきっかけである。

Goal「ゴールはでっかく、とにかくでっかく」
人生において様々な「ゴール」が存在する。そのゴールについてどこに置くべきかという話なのだが、できるだけ大きく、それでいてハードルが高い方が良いという。達成するかどうかは分からないものの、それに向かって努力するものができ、なおかつ、エネルギーもモチベーションも上がってくるという。

Stress「自分だけのストレス解消法で自分をレスキュー」
ストレスはいつ、どこでも起こるものである。そのストレスをいかにして解消したり、付き合っていったりするのか、それぞれ異なるのだが、著者は少し変わったグッズでもってストレスを解消しているという。実際にそのグッズでは運動にもなり、隠れた健康グッズにもなっていると言う。

Zero「いつでも、どこからでも、ゼロからのスタートを」
新しいスタートに限らず、どのような状態でも「ゼロ」からのスタートである。そのスタートからどこまで変化をしながら進んでいったら良いのかについて示されている。

モチベーションをどのように上げていけば良いのか分からないための方法であるが、小手先の方法のみならず、生活習慣や考え方、心構えなど、基軸となる部分についても言及している。実践するにしても一朝一夕で変わることは難しいものもあるのだが、実践し続けることによって、モチベーションを限りなく向上するメソッドが本書にぎっしりと詰まっている。

スポンサーリンク