F1 バーレーンGP バトンが今シーズン3勝目! トヨタ悲願の初優勝ならず!!

結果は以下の通り(GPUpdate.netより)

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 J・バトン ブラウンGP 1:31:48.182
2 S・ヴェッテル レッドブル + 7.187
3 J・トゥルーリ トヨタ + 9.170
4 L・ハミルトン マクラーレン + 22.096
5 R・バリチェロ ブラウンGP + 37.779
6 K・ライコネン フェラーリ + 42.052
7 T・グロック トヨタ + 42.880
8 F・アロンソ ルノー + 52.775
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 58.198
10 N・ピケ・ジュニア ルノー + 1:05.149
11 M・ウェーバー レッドブル + 1:07.641
12 H・コヴァライネン マクラーレン + 1:17.824
13 S・ボーデ トロロッソ + 1:18.805
14 F・マッサ フェラーリ + 1 laps
15 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
16 A・スーティル フォースインディア + 1 laps
17 S・ブエミ トロロッソ + 1 laps
18 R・クビサ BMW + 1 laps
19 N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
Did not finish
20 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 9 laps

Yahooはこちら(↓)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000005-fliv-moto

前戦までの波乱のレースは有りませんでしたが、「戦略」の差というのを知ったレースでした。

予選における1発の速さではトヨタが上でしたが、ヴェッテルやブラウンGPの戦略に翻弄され結果的に表彰台に届いたものの、戦略の恐ろしさというのを痛感したのかもしれません。

バトンは通算3勝目。ブラウンというとフェラーリの参謀だったので、そこでの力がおおいに生きたレースだったように思えます。

ヴェッテルはこちらも速さもさることながら、戦略の相乗効果で中国の優勝とまではいかなかったものの2位。チャンピオン争いに名乗りを上げる勢いです。

ここ3戦ノーポイントだったフェラーリは、ようやく初ポイント。しかしマッサの周回遅れを見る限り上位陣とフェラーリの力の差をまざまざと見せつけられたように思えます。昨年だったら逆の立場だったのを考えるとTVの言う、

「F1戦国時代」

というのが、まさにぴったり合うシーズンのように思えます。

今回のバーレーンは完走率が高かったのですが、唯一のリタイアとなってしまったのが中嶋。油圧系のトラブルによりリタイアだそうです。スタート後も接触もあって散々なレースウィークだったようです。

日本にとって今週のF1は散々でしたが、その一つ下のカテゴリーではトヨタのサードドライバーである小林可夢偉がGP2アジアシリーズチャンピオンに輝いたというニュースが、唯一の救い、もとい宝でした。

http://sports.yahoo.co.jp/f1/article?a=20090426-00000112-ism-moto

次戦は2週間後、スペイン・バルセロナ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 【F1第4戦バーレーンGP】決勝!!

    おはようございます!
    昨日は めちゃくちゃいい天気でしたね!
    少し風が強かったですが・・・
    みなさんは 何処へ遊びに行きましたか? o(〃^▽^〃)o
    さて・・・
    トヨタのフロントロー独占で始まった F1バーレーンGPの決勝ですが
    う~~~ん (≡…

  2. バーレーンGP 決勝

    トヨタが初のフロントロー独占となったバーレーンGP決勝。注目されたスタートですが、KERSの利点を最大限に生かしたハミルトンが一時2位に進出するも、トヨタ(トゥルーリ)・ブラウン(バトン)ともに抜き返し、グロック・トゥルーリ・バトン・ハミルトン・ヴェッテルの順でスタ…

  3. バーレーンGPはバトンの完勝!

     2009年F1第4戦のバーレーンGPは優勝バトン、2位ベッテル、3位トゥルーリ。ここしばらく雨のレースだったが、ここバーレーンでは久しぶりに晴れのレースとなった。4位スタートのバトンが危なげなく勝利…

  4. 2009F1-巴林GP “灼熱熱砂野望瓦解編”

    2009F1-巴林GP 灼熱熱砂野望瓦解編” 地上波独占 独断適当的地上波実況中

  5. Kyan's BLOG III より:

    F1GP2009 バーレーン

    FMotorsports F1: バトン(ブラウンGP)、バーレーンも制覇で今季3勝目 ## 04/27 01:30追記 勝ったのはブラウンGPのバトン,2位にレッドブルのベッテル,3位にトヨタのトゥルーリ。 「シンサンキョウ」と音で聞くと胃腸薬のようです……

  6. erabu より:

    F1第4戦バーレーンGP

    バーレーン・インターナショナル・サーキット、57周。 4/26決勝(晴/ドライコ

  7. 09F1第4戦バーレーンGP決勝。

    \(゚▽゚*)>シャキーン!!
    F1バーレーンGP 決勝
    Pos No ドライバー マシン 周回 タイム/差 Grid 得点
    1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 57   4 10
    2 15 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 57 +7.1秒 3 8
    3 9 ヤルノ・トゥルーリ ト……

  8. 09F1第4戦バーレーンGP決勝。

    \(゚▽゚*)>シャキーン!!
    F1バーレーンGP 決勝
    Pos No ドライバー マシン 周回 タイム/差 Grid 得点
    1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 57   4 10
    2 15 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 57 +7.1秒 3 8
    3 9 ヤルノ・トゥルーリ ト……

  9. 2009 F1 第4戦 バーレーンGP

    前半フライアウェイ締めくくりのバーレーンGP。
    トヨタの2台がチーム初のフロントロウ独占!他車よりも燃料軽めの戦略とはいえ揃って1分33秒台をマーク。初優勝への期待が増すばかり?
    以下、開眼ベッテル、好調バトン、復調ハミルトン、最年長バリチェロと続くグリッド。フェラーリは辛うじてQ3突破するも8位、10位と低迷は続いているようです。
    ↓決勝結果↓…

  10. R_Blog O2 より:

    F1第4戦、トヨタ史上初のフロントロウ独占も初優勝を逃す

    2009年F1第4戦バーレーンGP。 1位 ジェンソン・バトン(ブラウン・メルセ

  11. 2009F1 第4戦 バーレーンGP

    バーレーンGPのお話。

  12. 2009 F1 バーレーンGP 決勝

    2009年のF1第4戦は、バーレーンGP。
    灼熱のバーレーン・インターナショナル・サーキット。
    PPにトゥルーリ、2番手にグロックでトヨタ初のフロントロー独占。
    3番手にレッドブルのベッテル、4番手にブラウンGPのバトンで、新3強が上位に並んで決勝スタート。
    ……

  13. 2009F1第4戦 バーレーンGP

    2戦連続の雨レースから、雨の心配の無い砂漠のバーレーンへ、しかも結構暑そう、各マシンは暑さとの戦い。 ウィリアムズは新型

  14. F12009 バーレーンGP

    F12009 バーレーンGP予選で、トヨタが1/2位を独占。優勝か?と盛り上がるも、結局は、ブラ

  15. 1stRow_F1 より:

    2009年第4戦バーレーンGP

    今シーズン、ブラウンGP、レッドブルと初勝利をあげてきたが、ここバーレーンの予選

  16. F1バーレーンGP(2009 R4)

    F1第4戦バーレーンGP!

  17. chibiaya日記 より:

    F1 2009 バーレーンGP

    強いなーブラウンGP。 だけど、バトンはこれで3勝目、開幕から 連戦表彰台だって

  18. F1世界選手権 第4戦バーレーンGP 決勝

    あーあ、なんかすごくあーあ。
    バトン&ブラウンGPの優勝うれしいんだ、ただそれを完全に覆ってしまうほどのあーあが(苦笑)
    決勝前の川井ちゃん話「冷却厳しいんでブラウンGPはエンジン抑えて・・・」で愕然。
    それでバランスだの悪かったバトンが予選4番手、トラフィックのバリチェロが6番手って、敵はベッテルではなくブラウンGPでした。
    いや、ベッテルをあれだけ抑えてたのに軽く前行かれちゃったのもあるわけだけども。
    ブラウンGPの貯金(+他チームほどではないにしろのアップデート)、シーズン中・終…

  19. F1バーレーンGP・・・トヨタ初優勝ならず、バトンが今季3勝目

    予選ではトゥルーリがポールポジション、グロックも2番手とチーム初のフロントロー独占を達成したトヨタに初優勝の期待がかかったんですけど・・・1回目のピットインまでは良い雰…

  20. F1バーレーンGP・・・トヨタ初優勝ならず、バトンが今季3勝目

    予選ではトゥルーリがポールポジション、グロックも2番手とチーム初のフロントロー独占を達成したトヨタに初優勝の期待がかかったんですけど・・・1回目のピットインまでは良い雰囲気だったんですよねぇ~。それだけに、ピット戦略の失敗が悔やまれます。ハードタイヤをどのタイミングでどう使うかが明暗を分けてしまったバーレーンGP。レース後の会見でトゥルーリも無念さをやや滲ませたコメントを出してましたし、トヨタのスタッフの方も悔しそうでしたしね。
    あ~あ、ホンマにもったいない・・・。
    バトンは今季早くも3勝目。バ…