2011年 F1スペインGP フリー走行1・2回目結果

2週間の時を経ていよいよヨーロッパ・ラウンドが本格的になります。舞台はアロンソの母国であるスペイン。ここではスペインGPの他にヨーロッパGP(バレンシア)が行われる事で知られています。

話は変わりますがこの2週間で事件が1件起こりました。フォースインディアのスーティルが傷害事件を起こし告訴されていた事が明らかになりました。いちおうスペインGPでは走行することは決まっていますが、次のモナコ以降ではどうなるのかが注目と言った所でしょうか。

さてフリー走行1・2回目の結果を見てみましょう。(「F1通信」より)

1回目

Round5_free1

2回目

Round5_free2

1・2回目ともウェーバーがトップタイムをマーク、その後ろにはヴェッテルやバトン、ハミルトンなどが着くという構図になりました。健闘しているのは可夢偉のチームメートであるペレス。1回目は5番手につけるという好調ぶりです。

可夢偉はタイヤの調整もあってかタイムは伸びず1回目は17番手、2回目ではサーキットとマシンの特性を生かすことで9番手をマークしたと言う所でしょうか。

さて、PP予想と行きましょう。

本命:ウェーバー

対抗:ヴェッテル

要注意:ハミルトン、バトン

ここ最近ではヴェッテルがいつもPPを獲得という所ですが、今回ばかりはウェーバーの調子良さもあるのでウェーバーがPPを獲得するだろうと考えています。ヴェッテルが爪を隠しているという気もしますが…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1 第4戦スペインGP フリー走行金曜日

    ジェンソン・バトン (1回目9位・2回目4位) 午前中はマシンの新しいシステムをおさらいすることに費やした。午後はもう少しハードにプッシュしたし、きちんとした感覚を得ることができた。バランスにはあまり満足していない。リアエンドに苦労しているし、望んでいる感じで…