2020-07-15

書評

若旦那のひざまくら

恋愛を「織りなす」と言う言葉を見事なまでに表現している一冊である。本書はあるデパートのバイヤーが京都にやって来て、京都の伝統的な織物である「西陣織」の織屋の若旦那と出会ったことから物語は始まる。和服への普及に燃えるバイヤーと織屋の関わり、やがてそれは恋愛へと発展したが、そこに多くの壁があった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました