金を払うから素手で殴らせてくれないか?


本書のタイトルに出くわした瞬間、思わず「嫌です」と答えてしまう。もっとも「いいよ」と答えてくれる人もめったにいないような気がするが。

しかしながらそういった感情に苛まれるような状況は「必ず」とまではいかないものの、状況に出くわすようなことは存在する。その存在する感情がいかにして生まれるのか、本書はそういった状況に陥るようなストーリーが紡がれている。

しかし本書のような状況は、言葉にしてみれば「ナンセンス」の一言で、下品なシチュエーションも存在するだけでなく、キャラクター一人一人がねじ何本か外れているような人物ばかりで、しかも人間関係もぶっ飛んでいる。そのためまともに読もうと思っても「負け」というような感情が支配されるような状況で、なおかつ今まで読んだ小説は何だったのだろうと思ってしまうような一冊である。そのことを考えると小説初心者の方々は「読んではいけない」一冊に列挙するしかない、ただし良い意味である。

スポンサーリンク