思考術

書評

念のため思考

よく日本語では「念のため」といった言葉を口にしたり、聞いたりすることがある。その「念のため」を思考に取り入れることによってコミュニケーションを良くし、なおかつ最善の結果を生み出すことができるのだという。その「念のため」とはどのような思考なの...
書評

「考える人」は本を読む

私自身読書をライフワークとし、書評をスタートして11年経つ。これまで取り上げてきた書評は3,500冊をゆうに超えたのだが、実際に本のことを全て知っているかというとそうではない。もっと言うと本を読んでいくうちに知的好奇心が増大するようになり、...
書評

究極の問題解決力が身につく瞬発思考

人は思考する生き物である。その思考をどのようにするかも人それぞれであり、思考における「クセ」が生じる所以ともいえる。しかし「思考」も一つ変えることによって考え方も、解決に向けてのプロセスも劇的に変わってくることもまた事実である。本書はある種...
スポンサーリンク
書評

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法 ゼロイチ

全く何もないところから生み出す、いわゆる「0」から「1」へと生み出す方法である。その方法はアイデアを生み出すのだが、そもそもアイデアだけでなく、考え方や「モノ」などを生み出すようなことによってクリエイティブになってくる。しかしそのゼロイチは...
書評

朝採りの思考 -シンプルな目を育てる

「朝採り」とは、 「農作物を朝に収穫し、その日のうちに店頭に並べて売ること。また、そのような農作物」(「コトバンク」より) を指す。もっとも新鮮味という意味では農作物でもアイデアや考え方でも同じ事が言える。その理由として脳の働きが最も活...
書評

日本流・ロジカル思考の技術

いわゆる「ロジカル・シンキング」はビジネスを行っていくうえで大切な要素の一つである。しかしそのロジカル・シンキングはどのようにして構築していけば良いのか難しいものである。もっと言うと考え方によってそれを磨くことができる一方で、できたとしても...
書評

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

人は誰しも「考える」。しかしその考え方によって習慣や付き合い方が変わる。もっと言うと心や仕事にも変化を起こすことができる。その考える中で「ゆるさ」が必要になってくる。ゆるく考えることによってラクに生きる術、さらにはストレスフリーになることの...
書評

入社10年目の羅針盤―つまらない仕事が楽しくなる

大学新卒の場合、「入社10年目」はだいたい32歳くらいとなる。その年代になってくると個人差はあるものの、要職につく人もいれば、プロジェクトのリーダーに近い立場にいるような人もいる。その10年目となると会社はもちろんのこと、業界に関するありと...
書評

なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」

「栄枯盛衰」と言う言葉がある。いくら安定的に成長を続けている企業でも、衰える時期が来ることもあれば、突然倒産することはごく自然にある。もっとも1997年には、絶対つぶれないと思い込んでいた銀行や証券会社も倒産するというようなことが起こってい...
書評

やわらかい頭の作り方―身の回りの見えない構造を解明する

私自身頭が固いため、どうしたらやわらかくしたら良いのか、日々模索している。そこで本書に出会った。やわらかい頭を作るためにはどうしたらよいのか、それには身の回りにある見えない構造を解明することにあるのだという。 ではその構造とは一体何か、そ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました