CF不動産投資~家賃収入1億円 キャッシュフロー1000万円を突破した人の次なる戦略とは?~

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

サンライズパブリッシング様より献本御礼。
「CF」は簡単に言えば「キャッシュフロー」のことである。もちろん投資の世界でも、ビジネスの世界でもキャッシュフローは重要な要素であるのだが、著者の投資法は最も重要な要素として挙げており、その重 要性を意識しながらどのように不動産投資を行うのか、自らも実践し、セミナーでも受講生たちに伝えている。その全貌とは何か本書にて明かしている。

第1章「不動産投資は事業として考える」
不動産投資というと「ギャンブル」や「投機」と言ったものが挙げられる。しかし著者に限らず不動産投資を生業している方々は「事業」として考えている人が多いという。なぜ「事業」と考えているのだろうか、そこには「キャッシュフロー」の考え方があった。

第2章「キャッシュフローの重要性を理解しよう」
そもそも不動産投資において「キャッシュフロー」がいかに重要であるのかわからないような人もけっこういる。そのキャッシュフローの重要性を金融機関や不動産投資の失敗・成功、耐用年数などを絡めながら紐解いている。

第3章「レバレッジを活かした不動産投資」
投資の世界にはどうしても「レバレッジ」が絡んでくる。そのレバレッジをするメリットとは何か、キャッシュフローを意識し、そして売却も視野に入れながら投資を行うにはどうしたら良いかを取り上げているのが本章である。

第4章「「年間キャッシュフロー1000万円」に向けて」
年間1000万円のキャッシュフローを達成する意味は何があるのかというと、さらなる不動産投資もあれば、他にも第2のステージを踏むために必要な資金として必要になってくるという。キャッシュフロー1000万円を達成するための方法と考え方はどのようなものかを取り上げている。

第5章「再生物件にチャレンジする」
物権によってはメンテナンスや再生を行っていく必要がある。その再生物件をどのようにして再生をしていくべきかを事例とともに伝授している。

不動産投資はコツを知ることができたら、誰でも成功するのだという。それは、著者は「過去問がある」と提示しているがごとく、過去に行った成功体験をきちんと踏むことができれば、稼ぐことができる。その方法と考え方がここにある。

スポンサーリンク