女子の人間関係

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

女子の人間関係は男子とは大きく異なる。もっとも女子の間でも「グループ」などが組まれ、その中で序列や扱いなどが変わってくる。もっともスクールカーストのごとく様々な差別が起こり、そのことにより「敵」「味方」など様々な扱いを受けるという。もっともその人間関係がその人の心境や精神をも変化する要因となりうる。本書はその人間関係について取り上げているだけでなく、整理整頓の方法を取り上げている。

CHAPTER1「なぜ「女の敵は女」なのだろう」
「女の敵は女」という言葉がある。もっとも女は男よりもグループを作りやすい傾向にあるのだが、同時に敵をつくってしまうような状況もあるのだという。それはグループを作る傾向とそれに対した排他的な要素もある。

CHAPTER2「比べたがる「女」との関わり方」
もっとも女は比べたがる性質があるのだが、その比べたがる傾向は人それぞれである。もっとも傾向の強い人だとより排他的になったり、グループを抱えやすくなったりするのだが、そういった人の関わり方はどうしたら良いのかも併せて伝授している。

CHAPTER3「「敵」「味方」を作りたがる「女」との関わり方」
女性の中には「敵」「味方」を分別したがる人もいるという。その分別したがるような人はグループを作るのは良いが、そのくせ派閥争いをするような傾向にあるのだという。そのような女との関わり方にも工夫がいるのだが、その工夫とは何かを明かしている。

CHAPTER4「ママ友、社宅……「社会的な仕事」としての「女」との関わり方」
女性と女性との関わり方は多様化しており、例えば「ママ友」もまたそのうちの一種である。もっともCHAPTER2や3で取り上げた傾向はママ友や社宅でも同じようなことがあるのだが、対策方法はその関係性からして異なる場合がある。

CHAPTER5「「形ばかりのつながり」を求める「女」との関わり方」
女性はグループを作りたがる傾向が強いと前にも話したが女性の中にはグループに入ることすらできないような人も少なくない。そのような女性はどのようなかかわり方を持てばよいのかを取り上げている。

CHAPTER6「「自分は自分、他人は他人」ができない「女」との関わり方」
価値観や考え方は人それぞれであり、そのことを理解していなくてはなかなか人間関係でうまくいくことはない。しかしそれが理解できず苦しんでいる女性も少なくない。そのような女性に対しての処方箋を提示している。

CHAPTER7「演じる「女」とのつき合い方」
嘘で塗り固めるような女性も中にはいる。いわゆる「ネコを被る」というような傾向なのだが、その様なネコかぶりの女性に対してはどのようにして接したら良いかを取り上げている。

CHAPTER8「恋愛すると変わってしまう「女」とのつき合い方」
恋愛は心がうつろいやすく、なおかつ人が変わるようになることもある。自分自身恋愛にかかわったことが一度もないのだが、恋愛で変わってしまう女性とのつき合い方について伝授している。

CHAPTER9「自分の中の「女」を優しく癒してあげよう」
男性であれ女性であれ、どこかに「女性的」な要素がある。そこが本章のタイトルにある「自分の中の「女」」にあたるのかもしれないのだが、その女のようそがかえって邪魔をしてしまうようなこともある。その要因と対処方法について取り上げているのが本章である。

男性から見て「女性は面倒くさい」というように思う傾向があるのだが、その面倒くさい要素を見出すことができた一方で、女性も女性で人間関係に悩む人にとっては本書ほど特効薬になる一冊はない。

スポンサーリンク