黒田日銀 最後の賭け

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

現在もなお黒田東彦が日本銀行総裁として経済政策の腕を振るっているのだが、その政策の中に「アベノミクス」となるものがあり、第一~第三の矢として放たれるようになった。しかし上向くことは長続きすることなく、踊り場にさしかかっているのが現状としてある。黒田東彦総裁の任期は来年の4月8日であるため、任期は残り1年となったため「最後の賭け」と題してアベノミクスとしての経済政策を取り上げている。

第1章「デフレと闘う黒田」
元々黒田東彦が日銀総裁に就任する前までは日本経済は「二番底」だった。しかも「超円高」の状態だったためか、日本経済は激しいデフレの状況に合った。そのデフレと闘い、日本経済を世界の舞台に引き戻すために海外の学者からも評価の高い黒田に選ばれた。

第2章「なぜ、黒田が日銀総裁になったのか」
そもそも黒田が日銀総裁になった理由としていくつもあるのだが、そのある理由として政治的な背景が挙げられる。その挙げられる理由として安倍晋三が首相に再登板したことが挙げられる。

第3章「黒田とは何者か」
もっとも黒田東彦とはどのような学者で、どのような思想を持っているのか、その経歴と共に取り上げている。

第4章「日銀は何を期待され、何を為してきたのか」
日銀総裁として振るったこととして「リフレ政策」がある。その中に「アベノミクス」があり、日本経済は急速に回復していったのだが、回復し、その後成長するとが求められる。しかしながら成長は道半ばにあるのが現状としてある。

第5章「黒田の異次元緩和は成功するのか」
黒田日銀としての賭けとして「異次元緩和」が挙げられるのだが、その緩和は果たして効果があるのかも含めて分析を行っている。

もう既に任期は残り1年を切っている黒田日銀。その後のバトンタッチがどうなるのかも含めて注目が集まるのだが、そもそも「最後の賭け」として何を用意しているのか、そして日本経済にどのような効果をもたらすのか、定かではない。

スポンサーリンク