友情だねって感動してよ

青春と言うべきか、衝突と言うべきか、少年・少女たちの人間模様をこれでもかというくらい青臭く描いた短編集である。おそらく「思春期」、あるいは「青年期」と呼ばれるほどの多感な時期であるだけに、わかり合いたいといった感情を持ちながら、人間関係の衝突を繰り返していく。

その「衝突」を通して、心的な「傷」を突くことが往々にしてある。その傷を越えて、友情を見出していくと言うものである。

「青春」とはいったい何なのか、もしも私が少年だったときにこのような衝突があったのだろうか、自問自答をしてしまう。青春真っ只中と言う言葉がよく似合う一冊であるのだが、もしもそのような青春を送った後、成人して、社会人になった時、どのような思い出に残るのかも考えさせられてしまう。

スポンサーリンク