續 太閤私記

農民から織田信長に仕え、本能寺の変を乗り越え、天下統一を果たした豊臣秀吉。関白から太閤にまで上り詰めるのだが、天下人に至るまでの道のりを「私記」と言う形で創作した一冊である。

もちろん創作なので史実とは所々異なる部分があるのだが、その異なる部分を著者の見せる豊臣秀吉の側面が映し出している。

元々諸説はあるものの豊臣秀吉の人生はまさに「立身出世」と呼ばれるような人生を歩んでいったのだが、信長に仕えるまで、さらには天下人、そして天上人としての生きざま、徳川家康と言う人物との邂逅が秀吉の人生がどのように変わっていくのか、著者自身の想像も含めて楽しむことができる一冊である。

豊臣秀吉が好きな方、あるいは戦後時代のことをより深い次元で理解したい人であれば読む価値のある一冊である。

スポンサーリンク