人生最適化思考

サンライズパブリッシング様より献本御礼。
人生には答えがない。しかし生き方にも最適解がある。もちろんその最適解の在り方は人ぞれぞれであり、人によっては複数の解があるのかもしれない。その解を求めるためにどのような思考を持ったら良いのか、最適化をするためのプランを含めて伝授しているのが本書である。

第1章「人生の舵を取り戻す、最適化という手段」
日本人は忙しすぎると言うのかも知れない。しかしその仕事の中には「無駄」と呼ばれるようなものがあるのかも知れない。とはいえ、働き方にしても本当に最適なのかについても考えていく必要があり、なおかつ取り入れていく必要がある。

第2章「最適化の心構え」
最適化をするためには「心構え」が必要である。もっとも変化にしても感情的な揺さぶりがあるのだが、それをコントロールして行く必要があるのだが、そもそもどのような変化があり、なおかつ環境などを整えることが必要である。

第3章「最適化の本質」
最適化はなぜ必要なのか、人生においても荷物がつきものがあるのだが、その荷物によって時間や自由を奪われてしまうようなことがある。その奪われる要素をなくしつつ、人生において肝心なことを考え、行動に結びつけていく時間をつくる事が大事であるという。

第4章「最適化のポートフォリオ」
最適化をするためには年代によって異なる。もちろんポートフォリオもまた然りである。そのポートフォリオをどのようにして組み立てるのか、未来設計も含めて取り上げている。

第5章「最適化のその先」
最適化をすることが目的であるのだが、実際に最適化を通じて何を叶えていくのかそのことが肝心である。その肝心である最適化をしたその先に何を求めていけば良いのか、そのことを取り上げている。

人生は最適になることはベストであるのだが、現実的には難しい部分がある。とはいえど、最適を求めていくことによって、自分自身の夢を実現するための道作りにもなる。本書は自らの体験からそのことを示している。

スポンサーリンク