ラベルのない缶詰をめぐる冒険


ラベルのない缶詰をめぐる冒険 ラベルのない缶詰をめぐる冒険
アレックス・シアラー 金原 瑞人

竹書房  2007-04-25
売り上げランキング : 157852

Amazonで詳しく見る by G-Tools

突然だが、もし「ラベルのない缶詰」があったら、あなたは入っている中身について何を連想するだろうか。

ごく普通にあるものというと、コンビーフや焼き鳥、野菜、スープ、煮魚…など挙げてみると枚挙にいとまがないほどである。しかし本書に出てくる缶詰はそういった類が中に入っていない。「いったい何が入っているのだろう」という不思議な好奇心が私のなかにかき立てられてしまう。

本書はその「缶詰」を巡る物語である。通常であれば「缶詰」をあければそこで終わってしまうのだが、それまでのプロセスが、いかにも奇妙であり、かつ不思議なものである。本書の表紙にあるようなかわいさはほとんど無く、むしろおどろおどろしいものであるのだが、「怖い」という感情はほとんど無かった。むしろ「何が入っているのか?」という感情が常に優先してしまうからである。

しかも本書にてでてくる缶詰は一つではない。あけられたら次にまたラベルのない謎の缶詰がでてくる。しかも中身はすべて異なるのだから「次は何だろう」という好奇心をくすぐる。で、それを読んでいる自分もそのような体験してしまう、いわゆる「デジャヴ」な感覚に陥ってしまう。本書もラベルのない缶詰と同じように何がでてくるかわからない。そんな一冊である。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク