23区格差


東京の中心部には23区がある。その23区には「格差」が存在するという。その存在する格差にはどのようなものがあるのか、要因と対策とはどのようなものがあるのか、そのことについて取り上げている。

第1章「23区常識「ウソ」」
その23区の中では私たちの中にある様々な「常識」が当てはまらないようなことがあるのだという。その「当てはまらない」とは一体どのようなものか、取り上げてみると「少子化」や「高齢化」「人口増」などが挙げられるという。

第2章「ニーズで読み解く23区格差」
23区の格差にはニーズがあるという。そのニーズとは何か、その中には「災害」や「病気」、「暮らし」「事故」といったリスクがあるのだが、そのリスクについて「区」ごとに取り上げている。

第3章「年収・学歴・職業が非凡な区、平凡な区」
東京23区には日本一の人口を誇る地域であるのだが、その区によって年収や学歴や職業によって区の良さは異なる。そのことなる要因としてどのようなものがあるのか、そのことを取り上げている。

第4章「23区の通信簿」
23区それぞれには性格がある。その性格ごとに「通信簿」という形にして取り上げている。

日本には地方・都市とで格差が生じている。もちろん都道府県にも格差は存在している。その「格差」は東京23区内にも存在しているのだが、その「格差」にはどのようなものがあるのか、本書では統計を中心にして考察を行っているに過ぎない。

スポンサーリンク