成功する人は、なぜリッツ・カールトンで打ち合わせするのか?~あなたを超一流にする40の絶対ルール~

サンライズパブリッシング様より献本御礼。
「成功する人」はよくある「普通の人」とは異なる部分があるのかもしれない。もっとも「成功」という定義は稼ぐことはもちろんのこともあるのだが、稼ぐ以外に事業をなしえることも、そして自分自身の思っていることをなしえることもまた「成功」と言えるのかもしれない。本書で言うところの「成功」の定義は稼いだり、事業に成功したりすることに重きを置いている。その上で、成功者たちの習慣や価値観、さらにはマインドなどはどうであるのか、そのことを取り上げている。

第1章「成功する人たちはこんな価値観で動いている」
本書のタイトルであるリッツ・カールトンでミーティングをする理由はもちろんのこと、オフィスで仕事をしないこと、ルーティンや会議、そして体調管理など、習慣も一部絡めているのだが、成功する・しないの価値観の違いはどうなるのか、そのことを述べている。

第2章「成功する人たちはこんなことを習慣にしている」
成功をするためにはマインドも変えていく必要があるのだが、そのマインドとリンクするものとして価値観や本章で述べる「習慣」もまたその一つである。ブルーオーシャンに飛び込み、なおかつ感情ややりたいことを行うなど、様々なことから「フリー」になることなどを示している。

第3章「成功する人たちはこんなこだわりを持っている」
成功をする人はまた人と違った「こだわり」を持っているという。そのこだわりをお金の使い方から知識、さらには人間関係や時間の使い方に至るまで網羅されている。

第4章「成功する人たちはこんなマインドで生きている」
成功する・しないの根源の一つとして「マインド」がある。マインドの持ち方やコミュニケーション、夢の叶え方などに至るまでのことを取り上げている。

成功者になることはマインドや習慣といったより根源的なことから変化を行う必要がある。その変化は一つ一つ本書の実践することによって成功者へと変わっていくことができる。

スポンサーリンク