なぜか出世する人の「仕事のルール」

出世をする本の中でもちょっとおもしろい副題である。出世したければそれにふさわしい人になれと。簡単に言うと上司のまねをしながら昇進して行けということである。本書の「はじめに」の題目が「「部長のふるまい」を身につけた人が部長になる」と言うので見よう見まねを行ってそれらしくなれればそうなるという。それだけではなく、

「自発的に提案書を出す」
「昼までに仕事を片付ける」
「仕事を楽しむ」
「上司のように服装をこなす」
「サインは堂々と大きな字で書く」
「メモを取り絶対に捨てない」

など意識していくことが大切であるという。上司のまねをすることも近道の一つかもしれない。「まねぶ(学ぶ+真似る)」ということも一つの手段であろう。

スポンサーリンク