念のため思考

よく日本語では「念のため」といった言葉を口にしたり、聞いたりすることがある。その「念のため」を思考に取り入れることによってコミュニケーションを良くし、なおかつ最善の結果を生み出すことができるのだという。その「念のため」とはどのような思考なのかの原理を解きあかすと共に、身につく習慣や、コミュニケーションのあり方について伝授しているのが本書である。

Chapter1「念のため思考とは何か?」
「念のため」というと「念には念を押す」というような言葉が似合うのだが、もっとも「念のため」はどのような利点があるのか、そこには「日本」ならではの理由があった。

Chapter2「念のため思考があれば、世界の一流に出会える」
「念のため」の思考を手にすることができた事によって著者はどのようなものを得てきたのか、それを示しているのだが、そこには次のChapterで述べる「習慣」の要素があったのだという。

Chapter3「念のため思考が身につく10の習慣」
その「習慣」とはいったい何なのかその習慣のあり方について10個提示している。その10個は身なりはもちろんのこと、スケジューリング、さらには相手に対しての姿勢やコミュニケーションまで様々である。

Chapter4「一流の念のため思考でコミュニケーションする」
世界をまたいで活躍する人であればコミュニケーションや思考の方法も変わってくる。その「変わってくる」中で肝心な者として「念のため」が重要な要素を持つのだという。その要素とはいったいどのようなものか、そのことを取り上げている。

Chapter5「最高の結果のために「念のため」を捨てる」
最後は結果を出すために「捨てる」ことを提示している。その捨てるは「念のため思考」も同様である。なぜ「捨てる」のかというと、結果を生み出すために、そのために過去に行ってきた要素を捨て、新しい要素を取り入れるために「捨てる」ことが必要になるのだという。

確かに「念のため」は日本独特の要素がある。日本人ならではの美徳というよりも、日本人だからでこそと呼ばれる要素が、世界に通用していることを自らの活躍で証明している。もちろん世界のみならず、日本の中でも通用するものがあり、実践をすることができる一冊と言える。

スポンサーリンク