最新 LINEビジネス活用講座

私自身も最近使い始めたのだが、LINEはもはや無くてはならないコミュニケーションツールとしてある。そのLINEをビジネスに使う企業・個人と出てきており、活況を呈しているといっても過言ではない。

しかしながらそのLINEをいかに活用していくかによって売り上げを伸ばす、あるいは会社にとっての絶体絶命の状態から解放するかによって変わってくる。本書はその中でも「LINE@」と呼ばれる企業公式でビジネス発信として使われるものをどのように活用していくのかそのノウハウを伝授しているのが本書である。

第1章「人生はスマホ1台・LINE@だけで逆転できる」
実際のところ「LINE@」は企業のみならず、個人事業、あるいはタレントなどの公式にて使われることがある。もっとも情報発信を主としているツールであるため、使わない手はない。「ものは使いよう」と言う言葉があるのだが、LINE@も例外ではなく、使い方によって会社として、事業として逆転する可能性を秘めている。

第2章「スマホ社会のビジネス構造、5つのポイント」
その逆転を行っていくためには「スマホを理解する」「LINEを理解する」「今の社会を理解する」などがある。誰をターゲットにしていくのか、そしてどのようなビジネスを展開していくか、ターゲットをどのように絞っていくか、どのように情報発信していくのか、そのことを良い例・悪い例も含めて取り上げている。

第3章「LINE@で人生を逆転する7つの活用シーン」
起業をするツールとしてLINE@があるという。もっとも人材募集にしても、資金集め(クラウドファンディング含む)もあれば、顧客との対話、情報発信など様々な面を持っており、それをフルに活用していくことによって会社として、事業として形成付け、成長する効果もある。

第4章「時代の大きな転換点で意識すべき「成功の鉄則」」
もはやネットビジネスも含めて成熟しているのが日本の社会であり、経済であり、産業である。もっともそのような時代になってくるとユーザーの目がシビアなものになり、かつ会社・個人としての「姿勢」も見られるようになる。そのような時代の中で意識すべき鉄則を取り上げているのが本章である。

第5章「私はこうして人生とビジネスを大逆転した! 7人の成功者から学ぶLINE@活用術」
本章では「ケーススタディ」として実際にLINE@をビジネスに活用し成功した方々を取り上げている。しかも取り上げている方々の業種の中には、インターネットとは縁遠いような業種も存在しており、そのような業界でも通用することも証明しているのかもしれない。

私自身もLINE@の存在は知っており、実際に登録している会社もある。そのLINE@は単なる情報発信ではなく、LINE@を通じて事業をさらに幅広いものとしたり、売り上げを上げたり行えるツールである。もし集客や売り上げに困ったのであれば本書を通じて活路を見いだすことができるかもしれない。

スポンサーリンク