小さな会社のWeb担当者・ネットショップ運営者のためのWebサイトのつくり方・運営のしかた 売上・集客が1.5倍UPする プロの技101

今となっては会社のWebサイトやネットショップも当たり前のようにできている。そのWebサイトでもって土のようにして集客をして行き、売上をして行くのか、そこにはプロならではの技があるという。そのサイトの作成、さらには運営の仕方などについてのテクニックを伝授している。

Chapter-1「売れるウェブサイトの作り方」
ウェブサイトを作るにしても土のように作ったらよいのか分からない方々も多い。その方々であればウェブサイトの入門書を読んだら良いのだが、あくまで本書はウェブサイトをある程度作り、売上や集客が伸びないといった方々がいる。その方々のために「売れる」「集客できる」サイトを作る方法が中心となっている。
そのため今のサイトを元にして売れるためにどうしたら良いのか、ドメインやレンタルサーバー選び、原稿や企画構成などサイトの上での対策以前の「根幹」をなすコンテンツや仕様面でのテクニックを取り上げている。もっとも本章をなくしては後の対策や解析を行っていくことは徒労に終わることが多くなるためである。

Chapter-2「売上をアップさせるウェブマーケティング」
サイト運営をして行く中で避けて通れないのが「SEO対策」である。自分自身もブログを持っているのだが、SEO対策は万全とは言えない。アクセス数を増やすために様々なSEO対策を行うなど、試行錯誤を繰り返している状況にある。
本章では様々な角度からのSEO対策の方法、さらには広告に至るまでの集客の方法を採り上げているのだが、多岐にわたるため、一つ一つ行っていくことで、アクセス数や売上を見ていくと良い。試行錯誤を繰り返していく中で本章の中にあるSEO対策や広告を一つ一つ実践していき次章にある検証に持ってくることによってサイクルとなる。

Chapter-3「サイトを成長させるウェブサイト解析」
どのワードで検索されるのか、再訪問はあるのか、さらには土のようなページが見られるのか、様々な角度でチェックをすることにより、今後のサイト作成・運営につなげていくことが大切になる。そのことでサイトは成長し、売上にも貢献していくのだが、そのチェックやフィードバックを行うためのツールは何を使えば良いのかなどを取り上げている。

小さな会社でもウェブサイトをつくる事が多くなってきている。だからでこそ、窮鼠猫を噛むという言葉はおかしいかも知れないのだが、小さな会社でも場合によっては大会社に匹敵する、さらには勝つことができるほどの売上に貢献することができるようになる。そのためにはサイトのイロハを知り、そして実践することが大切である。そこにPDCAサイクルがあり、そのサイクルの中心に本書があると言える。

スポンサーリンク