ラブセメタリー

恋愛のカタチは人それぞれである。しかしながら恋愛のカタチは多様であるにしても、それに対して相容れることができない方々もいるかもしれない。本書はその中でもBL(ボーイズ・ラブ)の類に入る一冊である。

私自身はそういった小説は少数ながらも読んだことがあるのだが、本書はその恋愛志向について思い悩むという「葛藤」を如実に描いている一冊と言える。「普通ではないのでは?」「他人からして相容れられないのでは?」といった考えを持たれるのかもしれない。しかしながらその連作を通じて恋愛のカタチの多様性を見出しているように思えてならなかった。

冒頭でも述べたが本書は「BL」と書いたのだが、実際にはショタとよばれる少年愛の志向である。もっともそういったことはディープに出ているわけでなく、むしろその志向に陥る人びとのジレンマを描いている所がオリジナリティとして溢れている。

スポンサーリンク