医の希望

技術革新があるように医療の現場もまた進化をする。その進化の在り方は医療にとっても、良いものとなっているのかもしれないのだが、「進化」の背景には長らく残っていた医療にまつわる問題や課題があり、それを解決するための糸口がある。その糸口を見つけることこそ、「希望」があり、その希望はどのようなものなのか、医療の進化と共に取り上げている。

Ⅰ.「革新技術を医に活用する」
「革新技術」とひとえに言っても、医療現場では様々な要素がある。その一つとしてAIの技術にて治療などに役立てる、あるいはiPS細胞やナノバイデバイスの利用により、医療現場、さらには医療そのものに対してどのような影響を与えるのか、その未来像を映し出している。

Ⅱ.「日本の医療システムのゆくえ」
日本の医療がどのような未来を迎えるのかを取り上げている一方で、医療とコミュニティの未来、さらには日本を飛び出し、アジアをはじめとした海外の医療においてどのような未来を持っているのか、そのゆくえを追っている。

医療もまた進化をする。そこにはネガティブなものがあるのかもしれないが、多くはポジティブなものになる。コミュニティとしての改善はもちろんのこと、不治の病だったものが治療につながっていくことさえもあり得る。その未来の姿と希望が本書にある。

スポンサーリンク