すごい古書店 変な図書館

私自身、毎日のように本屋に行くことがある一方で、週に1~2回ほど図書館に行くことがある。もっとも本が好きであり、売れている本を見たいというのはもちろんのこと、今までにないような本を読みたいというような欲望を持っていることもまた事実としてある。

そのためか、ここ最近では個性的な本屋に訪れることもまたある。その理由としてはよくある本屋とは違いヒット作が陳列されていることもほとんどなく、その一方で、自分自身が初めて知るような本が多くある。もっともそういった本屋の中にはその本屋ならではの「テーマ」に沿って本を仕入れ、陳列していることも往々にしてある。もっともそのテーマを元にして陳列されおり、小説の隣に専門書、あるいは新書などジャンルや本の形式問わず「テーマ」を元にして陳列されていることも多い。

本書はあくまで古書店や図書館にフォーカスを当てているのだが、その紹介されている店はまさに「個性」という言葉が如実に表しているようでいてならない。

ちなみに本書で取り上げている古書店や図書館は全て関東圏であり、なおかつ東京都がほとんどである。東京でも様々な古書店や個性的な図書館があることに驚きであったのだが、その第2弾が出てくるのであれば、東京以外の地域で珍しい本屋が出てくることを望みたい。

スポンサーリンク