予防接種は迷って、悩んでもいいんだよ。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

季節は冬になり、インフルエンザが流行するシーズンとなる。その対策のために、所によってはワクチンを接種すると言うようなことがある。いわゆる「予防接種」であるのだが、これはインフルエンザに限った話ではない。脳炎やかぜ、BCG、肝炎などのウィルスに対する予防接種もある。その予防接種は時代と共に変化をしているのだが、子どもに対して接種する必要があるのか、親もまた選ぶことが必要になるという。その心境と悩み、そして決断について綴っている。

1.「時代背景・社会の変化・親子の事情でワクチンを選びたいとき」
なぜ予防接種が必要になったのか、その背景には時代の変化もあるのだが、その時代の中で流行した病気・ウィルスも存在する。その予防接種のためにはワクチンを接種することもまた大切になるのだが、副作用もあるのだという。その副作用を受け入れるか、あるいは回避するのかと言うような議論もある。

2.「「接種をしよう」と決めたときも」
子どもへの接種を決めた後でも葛藤がある。その葛藤はリスクをどのように受け入れていくのか、そのリスクが発生したときにどうしていくのか、と言うような葛藤である。その葛藤に対してどのように接していくのか、そのことを取り上げている。

子どもに対してウィルスを対策するために予防接種を行う必要があるのだが、その予防接種にも副作用のリスクがはらんでいる。そのリスクをいかにして分散していくか、受け入れていくか、そのことを考えるきっかけになる一冊である。

スポンサーリンク